ままここmamacoco

ありのままで、イマここを生きている「ままここ」。アラフィフにしてフリーランスに転向した女は果たしてフリーとして生きていけるのか?

わたしのヒヤリハット。スマホが壊れなかったかも?

ペライチのHP制作はじめました♪

安くて簡単に作れるサイト、ペライチ。自分で作りたい人、やっぱり作ってもらいたい人、文章書くのが嫌な人、それぞれに対応できます♪県外の方はZOOMで対応しています。詳しくはこちらまで。

ペライチ自分で作るホームページ相談。静岡の個人事業主、イベント、セミナー、お教室に最適。

 

f:id:teratchi:20191105213052j:image

iPhoneが壊れました(´TωT`)

 

玄関で鍵を出そうとして、手から滑り落ち、フタ付きカバーをしてあったのによりによって、ガラス面強打。

(本体にはガードやフィルターなし)

人間で言うと、手足がまったく役立たずで顔面強打した感じ。

 

見事にガラスが全面にパリパリっと割れて、悲惨なことに。

 

その時思ったのが、車の運転や労働災害でよく言われているけど、ヒヤリハット!があったら気をつけねばです。

 

……ちなみにヒヤリハットとは?

 

ヒヤリハット=重大な事故にはつながらないアクシデント」の重要性を世に問うたもので、ハインリッヒの法則って言うらしいです。

 

“災害防止のゴッドファーザー”と呼ばれたアメリカのハーバート・ウィリアム・ハインリッヒの調査によって指摘されたもの。

 

1:29:300

 

彼が5000件の労働災害を調べてわかったことは、

 

1件の重大事故の裏には、

29回の軽微な事故があり、

300回ヒヤリ、ハッ!とすることが起きていた、ということ。

 

ヒヤリハット、ありましたとも。

 

持ちにくいなあ、ポケットに入れにくいなあ、というヒヤリとした軽い違和感がずっとあり、そして最近は何度か手から落としており(軽微な事故、ハッとですね)、結果招いたのは、今回の重大事故、ガラスの破損です。

 

ちょっと気になったことに対して、?と思ったらすぐ対応した方がよいですね。

 

いや、もしかしたら、iPhoneを落としたことがまだ軽微な事故なのかもしれません。(そう考えたらこわっ)

 

ちょっと気をつけなきゃ。

 

参考にしたサイトでは、「ヒヤリハット」が起きたら、「いつ、どこで、何をした時、どうなった」を書く書式があるそう。

https://blog.mcdata.plus/preparation/hiyari-hatto-guide/

 

現場で使えますが、日頃の気になったことを意識しておくのにもいいかも。

 

気になったらメモでもいいから書くと、何か大きな事故になる前に気がつくことがあるかもしれませんね。

 

……そんなわけで、

f:id:teratchi:20191105213551j:image

来ました♪

 

iPhone11Pro!

(自分じゃ写真撮れないのでケースの写真)

 

今度は頑丈なフィルターとガード、しかもリング付きのつけました!

 

また使い勝手を書いていきますね。

 

今度は落とさないように気をつけます!