ままここmamacoco

あなたのままで、イマここを生きていこ!社畜からフリーランスになったWebライターのブログ。はたして生きていけるのか。

『健康の結論』堀江貴文著。予防できるガンがあるということ、死にたいという人の話を聞くこと、AEDの効果を知ること。

こんにちは! てらっちです♪

 

連休中は読者週間。仕事がないので(ちゃんと受注しなかったので)サクサクはかどりますな。

 

今回はホリエモンの『健康の結論』です。

 

 

健康の結論

健康の結論

 

 

健康に気を使っているところですが、違った視点がほしいと、ホリエモンの本に教えを請うことにしました。

 

私は知らなかったのですが、ホリエモンさん、2015年から『予防医療普及学会』を発足させて、予防できる医療を普及させるために活動してるんですね。読んで字のごとくのことを書いちゃったけど。

 

わたしが今まで読んできた、食事法などは、医療をあまり信じていないものや、医者の処方する薬をやめろ、という内容のものも多かったので、先端医療などを知り、予防のために医療にかかる効果を教えてくれる本書というのは、今までの本とは違った視点で新鮮でした。

 

読んだ後、ちゃんと検診受けなければいけない!と気が引き締まる思いがしましたし、知っているだけで知らないよりこんなに違う!と世の中の医療のことについて知見が広がった一冊です。

 

予防できるガンがいっぱいある

わかったことは、検診で予防できるものがたくさんあるということ。

 

きっかけは胃がんの元になるピロリ菌だったよう。少なくとも日本人に関しては、胃がんの99パーセントがピロリ菌とのこと。

ピロリ菌を除菌さえすれば、胃がんにならない。

なのに毎年5万人も胃がんで亡くなっているという。

そんなところから、「ピロリ菌検査キャンペーン」をしようと始まったのが『予防医療普及協会』とのこと。

 

「ピロリ菌検査キャンペーン」を行い、それから大腸ガン予防キャンペーン、子宮頸癌の元となる、HPV(ヒトパピローマウィルス)の感染予防キャンペーンを企画しているとか。

 

読んでいると、確かに早めにわかってガンに発展せずにすむのなら、予防をやらない手はない。

ピロリ菌なら、除菌すレバいいだけだし、大腸ガンも内視鏡検査を受け、子宮頸癌も、なんやかんやあったけど、今ややったほうがいいというのが海外の通説だから、予防接種すればいいんだから。

 

世界的には子宮頚がんの予防接種、効果があると歴然としているのに、なぜか日本の厚生労働省が例の疑惑以来、GOと言わない。

日本は壮大な人体実験をしていると揶揄されてました。

 

あれだけ恐れられたエイズも、知らないうちに今や死なずにすむ病気になったんですって。

 

 

死にたい若者を助けたい

「メンタル管理と自殺予防」では、日本の若者の自殺者数が多いことを問題視しています。

若い人の死因では、「自殺」率が異常に高く、事故による死亡率の2.6倍。

「メンヘラ」を減らすためにどうしたらいいか。

 

・相談されたら、あれこれ口を挟まずじっくり話を聞くこと。

・道徳的な押し付けやダメ出し、具体的な解決策はひとまず置いておく。

・興味本位で根掘り葉掘り質問しない。話したくないことは黙っていてもいいというスタンスで。

・簡単に「任せておけ」と言わない

・相談先を一緒に考えてみる

・「誰にも言わない」という約束はしない

・「話してくれてありがとう」という

・過度に共感しない

・自分も第三者に相談する

 

相談先として、第三者のいる、地域の保健センターや保健所、精神保健福祉センター医療機関をあげています。

 

死にたいと言われたら、ワンオペではなく、チームで考えよう、との一言が大事だなと。

 

『一般社会は牢獄ではない。自分で自分を檻に閉じ込めないこと』

これ、みんな何気にやっているんだよね。

みんなが自分で自分を牢獄に閉じ込めているんだよ。

 

 

AEDの使い方を知ること

あちこちにAEDが置いていることは知っていたけど、そこまで効果のあるものというのは知りませんでした。

心停止した人がしたら、心臓マッサージをやっても16パーセントの救命率だけど、AEDをやれば54パーセントの救命率。

救急車を待っているだけでは、たったの9パーセントの救命率になるというのだから、AEDの効果を知っていると知らないのでは、目の前の人の生存確率が変わってしまうということでしょう。

 

AEDの講習を受けたことがある旦那に聞くと、機械が次に何をすればいいのか教えてくれるので、使い方は簡単だということでした。

 

AEDがもっと普及するとともに、確かにこれも周知しなければ、絵に描いた餅になってしまいますね。

コンビニにAEDをおくべき!とホリエモンが言ってますが、確かに確実にそこにあると分かれば、すぐに動けるかも。

 

その他、気になったことを覚書。

・24時間働く「長時間労働」から50年働く「長期間労働」へシフトすべし

・「脳高負荷時代」1日に触れる情報量が、江戸時代の1年分。いかに休むかを意識する

便潜血検査を受けておけば、大腸ガンの手遅れになるようなことはまずない。

・一種類の食物繊維だけサプリとしてとると、逆にポリープが増える

・お酒は飲めば飲むほど、ガンもポリープも増える

・やっぱり運動も必要

アメリカでは、男性もHPV予防をする

 

まとめ

今に不老不死になる未来がやってくるのではないだろうかと、ホリエモンがいうと、穴がち嘘では無くなるのかもしれない。死ななきゃ死なないで、ちょっとそれは怖いけど。 

 

今は、70、80歳でも若く見える人が増えました。

いや、本当に若いんだと思います。元気ですよね、みなさん。

 

先日仕事で調べたところによると、なんと明治時代には日本人の男性の平均寿命が46歳だったんですよ。46歳ですよ!信じられます?

まあ、14歳以下の死亡率が高かったから、実際には60歳ほどまで生きたらしいけど、そこから120年ほど。グーンと平均寿命は伸びて80歳、90歳に手が届きそうなところまできています。

 

そこまで平均寿命が伸びたのはいいけれど、生きる質がやっぱり大切になるわけです。寝たきりで100歳まで生きても辛いだけ。

元気に生きるために、予防医療。

知っているだけで生きる質が良くなるなら、確かに知るべきだし、みんな元気で長生きするのが一番、きっと国家にとっても良いわけで。

 

「防げる死を防ぐ」ために、ホリエモンが伝えてくれたことは、ちょっとわかっていれば、みんなが幸せに生きることができる術でした。

 

▼文庫版です

健康の結論

健康の結論

 

 

 ▼kindle版です

健康の結論

健康の結論