ままここmamacoco

あなたのままで、イマここを生きる。世界で一番子育てしやすい世界に変えていく!わくわく子育てアドバイザーのブログです

『四季の味 おくむら』の「ぶぶ漬け」が最高に美味しかった!京都のおばちゃんたちの切り盛りするお店。

f:id:teratchi:20181024220056j:image

こんにちは! てらっちです♪

 

京都の旅をしてきました。

 

京都で何を食べたい?と聞かれて、答えていたのが「おばんざい」でした。どこかで食べることができたらいいなあ。

 

京都国立博物館の『京のかたな展』を見た後、お腹も空いてきましたが、そのまま目の前にある三十三間堂へ。

三十三間堂を、弓矢を射るところ、としか知らなかったわたしは、金色に輝くみっしりと並んだ仏像にやたらと感動しまくりました。

そして外へ。

もう1時半を回ってしまいました。

ごはん食べるところを探そう。

 

f:id:teratchi:20181024220031j:image

 

「何か食べるところ」とGoogleさんに聞きながら歩きます。

国立博物館と三十三間堂の間の道を、駅へと戻るように西へ。いくつかお店がありまして、めうつりしていましたが、しばらく歩くと、小さなお店がありました。

 

f:id:teratchi:20181024220056j:image

『四季の味 おくむら』さん。

「おばんざい」と書かれた提灯が提がっています。

店の中をのぞくと、狭い店内の壁際に並んだ椅子はすでにいっぱいで、席はひとつあいているくらい。

「もういっぱいだね」と旦那さんと話しながら、もう少し先へ歩きました。

 

それでもやっぱり「おばんざい」が気になります。せっかくの京都。お袋の味を食べてみたい。

二人で元へ戻り、今度は中へ入り、店の人を呼びます。

しばらくすると、「奥が空いてますから、どうぞ」と、お店のおばちゃんが登場。

「おばんざいですね?」

京都弁のイントネーションで聞かれる。

「?ああ、はい」

 

壁に向かって食事をする人たちの後ろを通り、店の奥へ。

そこにはカウンター席が並んでいます。

先客が2名。その奥にまた二席あるくらいで、この奥の部屋はいっぱい。

 

その席の目の前にあるカウンターの上には、おばんざいが大皿に盛られて5つも並んでいる。

どうやら、おばんざいを選ぶ人は、こちらの席のようでした。

 

旦那はおばんざいセット。わたしはぶぶ漬けセットを選びました。

カウンターの奥から、また別の店を仕切っているらしいおばちゃんが聞いてきます。

 

「ぶぶ漬けはお茶漬けですけど、よろしいですか?」

「はい!」

 

わたしもよく分からずに注文しているのだが、そういえば、ぶぶ漬けはお茶漬けのことだったか。どういう漬物の名前だろうと思っていた。

 

「おばんざいセット」は、おばんざいの中から3品選べる。

「ぶぶ漬けセット」は、おばんざいの中から2品選び、あとはぶぶ漬け用の漬物がつく。

両方とも1,100円だった。

 

「おばんざいを選んでください」

カウンターの上をのぞくが、目の前のメニューにあった「鯵の南蛮」を頼むと、すると、

 

「毎日あるメニューから選んでください」

 

と、ちょっときつめの語調で言われました。

なになに?

毎日あるメニュー?

 

▼こちらが毎日あるおばんざいのメニュー

f:id:teratchi:20181024222225j:image

 

▼わたしの選んだぶぶ漬けセット。おばんざいから2品選ぶ。
f:id:teratchi:20181024220019j:image

奥の2皿がおばんざい。鯖の煮付けと筑前煮。

手前の右が、ぶぶ漬け用のお漬物。こんなにたくさん!ごはんにはあられと海苔が盛られ、温められたお茶があとでやってきます。

お茶はほうじ茶。静岡県民からすると、ほうじ茶のお茶漬けは衝撃的。

 

▼おばんざいセットは3品選べる
f:id:teratchi:20181024220046j:image

旦那さんの選択したのは、肉団子、高野豆腐、かぼちゃの煮付け。

 

京都は味が薄いと聞いていたが、意外や意外。しっかりとした味付けで、美味しかった!


何よりうまかったのが、お漬物、ぶぶ漬けでした。

 

▼お漬物を乗せて。
f:id:teratchi:20181024220051j:image

▼ほうじ茶をそそぐ
f:id:teratchi:20181024220023j:image

▼こんなにお漬物がたくさん!
f:id:teratchi:20181024220036j:image 

 

こんなにお漬物たくさんのごはんなんて、食べきれない!ちょっと多すぎない?

 

と思っていましたが、なんのことはありません。お漬物はたくさん乗せた方が断然美味しい!

山のように乗せて、ぺろっと食べてしまいました。

ただね、わさびがどこかに隠れていて(わたしがお漬物で隠したと思われる)最後にまとまって口の中に入ってきて、思わず叫んだのは、内緒です(笑)

 

そうそう。

目の前に新聞の切り抜きがありました。

2002年に開店したことお店、55歳以上で募集をかけるそう。そういえば、おばちゃんばかり。

まだ新人さんなのか、注意されながら店を走るおばちゃんがいました。

 

おばちゃんたちに支えられているこのお店。

美味しかったです。

ごちそうさま!