ままここmamacoco

あなたのままで、イマここを生きる。世界で一番子育てしやすい世界に変えていく!わくわく子育てアドバイザーのブログです

『市場規範』と『社会規範』でいろんなもめごとの謎が解けた話。『予想どおりに不合理』ブックレビュー。

こんにちは! てらっちです♪

 

積ん読の中から一冊、『予想どおりに不合理』を読んでいるのですが、意外とこれが面白い!行動経済学なんてすぐに飽きると思ったら、自分にも当てはまる行動や、人間のあるあるな行動を、いくつもの実験を通して証明しています。本当に、不合理な行動をするんです。人間て。

 

予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

 で、その中でも『社会規範』と『市場規範』ていう話がありまして、この単語だけ聞くととても難しそうなんですが、私の中で腹落ちしまくりました!

日常生活で納得のいっていなかった事柄が、ジグソーパズルのコマが一つ一つはまっていったように感じたのです。

私なりに解釈して伝えると、

 

お金が絡まず、率先して社会的な行動をとるのが社会規範。

お金に絡めて考えて行動するのが市場規範です。

 

『社会規範』と『市場規範』を例えたセックスの話が笑っちゃったのですが、よくわかったので引用します。

 

社会的な状況では、セックスは無料で手に入り、(理想としては)愛情に満ちていて心の糧になる。(社会規範)

一方売買されるセックスもある。(市場規範)

彼女とデートをしている時、どんなにデートにお金を使っていても、いくらかかったか言ってはいけません。今まで君との娯楽や食事にこれだけの費用を払ってきた、と男性が女性に話した途端、社会的な状況から、一変して市場規範となる、というのです。

要するに、今まで愛情のこもった、お金の絡まないおつきあいをしていたと思っていたのに、お金がかかったと話した途端、彼女のことを売春婦呼ばわりしたことと同じになったのです。お金が関わることで、二人の愛の立ち位置を変えてしまったんですね。

 

会社内でも、社会規範と市場規範がごっちゃになっているから、揉め事が起きるのだと感じました。

 

人間はお金が絡むと急に仕事を制限してしまいますが、お金が絡まないと率先してよく働きます。

たとえば会社をきれいにしようと自主的に掃除をしていても、「その時間に感謝してお金を払おう」と例えば500円もらったなると、「え、それだけ?」と感じたり、お金で自分の時間が買われたようで違和感を感じたりしませんか。

それは、『社会規範』でやっていたことが『市場規範』に変わってしまったからです。

 

個人的なわたしの考えですが、日本を戦後支えてきた年配の方達の多くは、『社会規範』で働いていたように思います。

この本では、社会規範が重要に書かれていますが、わたしはちょっと違う目線で考えました。

 

年配の方たちは会社のために、お金と関係ない仕事も率先してやってきたように思います。頼まれなくても会社のために残業もやり、やりやすいようになるのなら、自分の時間を犠牲にしても小物を作って試すこともします。

お金をもらって働いているのですが、行動は『社会規範』なんですよ。自分が率先してやる分にはとてもいいことだし、会社もそんな人が多いととても助かります。

この本でも、そのような行動が大切だと語ります。

 

日本人はそんな人たちがとても多かったんですね。

とても働き者だし、会社のためにと張り切ってつくし、時には時間外の仕事をこなし、みんなが働きやすいようにとアイデアを出したり食べ物を持ち寄ったりして交流もします。

 

ただ、問題はこれからです。

『社会規範』を『市場規範』で考える人たちにも押し付けるんですよね。

主に今の若い人たちは『市場規範』が強いと思います。

時間内で働くことを考え、必要以上のことは会社に対してしない。言われたことだけやる。時間外に何か会社のためにやるなんてとんでもない。

 

これが混ざると大変です。

『社会規範』の人たちは自分たちが正しいと思ってやっていますから、それを『市場規範』の人たちにも押し付けます。本人のキャパオーバーでも、仕事が完了しない場合は無理して長時間働くことを是とします。

そのためにうつ病や心臓病、自殺が増えてしまったのですが。

 

『社会規範』で行動するよう、社会保障や社内の交流を深める方にお金を使うべきだ、と本は語ります。

 

たしかにそれは望ましいのですが、今ある日本の多くの会社は、『社会規範』をお仕着せているようで仕方ありませんを

『社会規範』のように率先して会社に尽くす行動を求め、それができないと、「ボーナス減額だ!」と『市場規範』で制裁をしようとする。

 

お金で使われているのに、自らが望んですべき『社会規範』を強制しているところに問題があるように思います。

 

『社会規範』は、自分が本当に会社に対して、この会社に尽くしたい!と願って行動するもの。そのように社員が働きたくなる会社にすることができれば、社員はこれ以上ないほどの働きをしてくれるでしょう。

 

昔の日本人のように。

ただ、行き過ぎ、押し付けのないようにね。

 

『市場規範』と『社会規範』の話でした。