ままここmamacoco

あなたのままで、イマここを生きる。世界で一番子育てしやすい世界に変えていく!わくわく子育てアドバイザーのブログです

『スクリーンタイム』でSNSの『時間制限』をしてみた。

こんにちは! てらっちです♪

f:id:teratchi:20181016224242j:image

iPhoneに『スクリーンタイム』という機能がつきました!

突然、『今月の使用時間』のような表示が出て驚きましたよね?

 

でもこの『スクリーンタイム』は、わたし的に待っていた機能がついていたのでした。

それが、

 

 

 

『時間制限』!!!

 

 

 

SNSを始めると、どうしても時間を忘れて見過ぎてしまうのです。時間制限がかかると楽にわかっていいんだけどなーと前から思っていたのでした。

さて、使えるかな?

 

とりあえず設定。

 

パスコードは5回ミスしても大丈夫

設定の変更をしようと思ったら、『スクリーンタイム・パスコード』の入力を求められました。

『スクリーンタイム・パスコード』???

 

そんなの設定した覚えはありません。

 

【iPhone】iOS12でスクリーンタイムパスコードが勝手に設定されわからない時の対処法 | 楽しくiPhoneライフ!SBAPP

▲こちらのサイトを参考にしながらも、結局思いつく限りのパスコードを入力ww

 

5回まではミスしても大丈夫でした!どうにか6回目で解除に成功。わたしの場合、昔設定した購入時のパスコードでした。

 

使用時間制限を設定

f:id:teratchi:20181016223600j:image

設定→スクリーンタイム→App使用時間の制限

 

を選択。とりあえず「SNS」を1時間設定しました。

 

f:id:teratchi:20181016223713p:image

▲すると、すでに1時間を超えていたため、対象のアプリがこのように一段暗い表示になり、スクリーンタイムを表す砂時計マークが付いていました。

 

f:id:teratchi:20181016223908p:image

▲それでもアプリマークを押すと、『制限時間の延長を求める』の表示が!

 

まだ設定したばかりなのに、秒で制限解除です(笑)

 

f:id:teratchi:20181016223947p:image

ふたたびパスコードを入力することで、

 

f:id:teratchi:20181016224041p:image

15分、1時間、終日許可の選択画面が現れました。

 

もし子どもに制限をかけるなら、子どもにパスコードがバレたらアウトですな。

 

はてなブログは「SNS」?

あらかじめ、アプリには「読書調べ物」「SNS」などカテゴリー分けされています。

さて、「はてなブログ」は?

と見ますと、なんと「SNS」に分けられているではありませんか。

 

困ったな。FacebookやTwitterの時間制限をしたいのに、やたらと時間のかかるブログを書くアプリも同じカテゴリーでは、ブログ書き的には困ります。

 

わたしの思惑は、「SNS」を制限して、ブログを書くのが今回の時間制限の目的なのに。

 

せめてクリエイティブに仕分けして欲しかったなあ。

 

Appleへの要望

何はともあれ、カテゴリー分けを自分仕様にさせてほしいなあ!

 

と強く思った次第。

まあ、強制的に解除もできるので、時間制限を使って「SNS」の時間をうまく削減できるか、様子をみたいと思います!

 

てらっちでした♪