ままここmamacoco

あなたのままで、イマココを生きる。イマをがむしゃらに生きている人に。当方新しいもの大好きワーキングママ。情報発信と、人生を前向きに変えてくれる学びのシェア中心でお届けします。『日本書紀』『古事記』からハニワまで網羅する日本古代史オタクを10年やってます。

【スポンサーリンク】

『近藤喜文展』に行ってきました!止まっている絵が動き出す⁈圧倒的な画力。彼がジブリを支えていたのね。

f:id:teratchi:20180716172621j:plain

こんにちは! 母親がアニメーターのてらっちです♪

 

先日『近藤喜文展』に行ってきました!

ジブリを支えたアニメーター、近藤喜文さんの作品や絵コンテや原画などが展示されています。

『耳をすませば』の監督さんです。

カントリーロード♪の素朴な歌声を聴けば、ああ、あの作品の!と思い出す方もいらっしゃるかな?

 

f:id:teratchi:20180716172631j:plain

 

もうね、何がすごいってその画力。

当然ちゃ当然かもしれないけど、半端ないってこのことだわ、というくらい、画力がすごすぎる。

 

私の母親が、実はアニメーターです。

おそらく、この近藤さんと同じかもう少し昔の世代のアニメーターだったんですね。

母親はむかーーーーーしの『おそ松くん』を描いていたんですから、とんでもない昔です。

だから、この世代のアニメの話はとても感慨深く聞いてしまいます。

絵を見て、母親が言ったことがあります。

 

「ほら、この人の絵は動いているでしょう?」

 

近藤さんの絵は、静止画であっても、確かに動いているようでした。そう、今にも動き出しそう。

その画力は高畑勲監督や、宮崎駿監督からも認められており、『トトロ』と『火垂るの墓』同時上映の際には、この近藤さんを二人で取り合った、というエピソードがありました。(あ、これはもしかしたら音声ガイダンスでしか聴けないかも)

 

f:id:teratchi:20180716172640j:plain

▲名探偵ホームズがいました。ホームズも好きだったんですよね。

 

 

f:id:teratchi:20180716172653j:plain

▲あちこちにいます♡

 

7月21日には、ジブリのプロデューサーの田中さんと、広報部部長さんも見えて、講演会があるそうです。

私は一週間早かったわ!残念!

 

 ちなみに……

f:id:teratchi:20180716172701j:plain

▲7月29日にはカオナシもやってくるそうです(笑)

 

いや、怖いって。

 

それにしても、ここで飾られていた原画やイメージボード。

 

 

欲しい!

 

売ってくれないかなー。

 

家じゅうに飾りたい、とても温かい、素敵な絵がいっぱいでした。

私も久しぶりに絵が描きたくなりました。

 

てらっちでした♪

 

【スポンサーリンク】