ままここmamacoco

あなたのままで、イマここを生きる。世界で一番子育てしやすい世界に変えていく!わくわく子育てアドバイザーのブログです

コンビニに置かれているエロ本は、いらない。

以前、コンビニで働いていたことがある。

その時にどうしても解せないことがあった。

 

子どもにどう見てもエッチな本を売ってもいい、というのである。

 

事の起こりはこう。

 

子どもがエッチな漫画を申し訳なさそうにレジに出してきた。

「きみ、何才?」

 

小6だと小さな声でいう。

 

「これはちょっと早いんじゃない?」

 

でも店長は、あのコミックコーナーのものは本部が認可しているものだから問題はないとした。

 

コンビニには成人雑誌コーナーがある。

その成人雑誌のものは18歳以下の子に売ってはいけないが、それ以外の本は問題ないらしい。

 

でもどう見ても、その成人雑誌の漫画をコミック化しただけのものである。

その時は無理矢理やめさせる権限もなく、売ってしまった。

コンビニの男連中と議論したが、驚いたことにみな売ることに賛成していた。

 

とはいえ、

わたしはエロ本を否定しない。

暴露してしまえば、弟が持っていたので結構読んだし、AVも見たから、否定できるわけもない。

 

読んだ感想としては男目線が強くて、「そんな女子おるかいっ!」という印象。

まあ、女子用のエロ本を見たら、きっと男子もそういうんだろうけどね。

 

それはともかく。

 

エロ本とは、隠れてこっそりとみるものだと思うのだ。

こっそりと怪しい小さな本屋に行って、ドキドキしながら買って、あたりを伺いながらこっそり読む。

それがエロ本道じゃないだろうか!!!

 

いや、古いか。

今どきそんなヤツいないか。

 

とにかく話しを戻すと、母親としては、コンビニでお手軽に手に入ってほしくないのだ。

何かの拍子で見たエロい本にドキドキしたり、友だちが持ってきたアニキのエロ本を見てギャーギャー言ったり(笑)

まずはそこからスタートしてほしい。

 

これは母のわがままである。

 

だから、このキャンペーンにも賛同した。

 

キャンペーン · みんなが使いやすいコンビニを 成人向け雑誌の取り扱いについて再考してください · Change.org

 

まあ、今はネットでなんでも見れちゃうから、焼け石に水かもしれないけど。

なんでもかんでも安易に手に入るべきではないのである。

 

それと、あとちゃんと性教育はしないとね。

エロ本が男子の性教育のすべてになっちゃってるから、情報が男子よりに偏りすぎる。

 

これがかなり問題なのだ。

女子の気持ちもわかってね。

女子はエッチの前の段階が大事なのよ。

 

とりあえず、コンビニにエロ本は置かなくてよろしい。

 

大人はネットで見なさい。