⇒いにしえとこしえ⇒

新しいもの大好き!ワーキングママ目線で使える情報発信と、人生を前向きに変えてくれた学びのシェア中心でお届けします♪ 『日本書紀』『古事記』からハニワまで網羅する日本古代史オタクを10年やってます。

【スポンサーリンク】

『やる気のエンジン』をかける方法を全国に広めたい!ふつうの主婦が動き出したらこうなった。

 

 こんにちは! てらっちです♪

 

子どもの「やる気スイッチ」どこにあるんでしょう?ほんっっっとに「やる気スイッチ」を探しまくってポチしたい気持ちでいっぱいです(笑)

 

ポチしたいですよね?

その「やる気スイッチ」をポチする方法がここにあるかもしれません。

 

『わくわくエンジン』という言葉をご存知でしょうか?

「やる気スイッチ」を『わくわく』によって発動させる、『わくわくエンジン』というワークショップがあるんです。

おお、子どものやる気スイッチをポチできるのか⁈

今日はその『わくわくエンジン』とはなんぞや?をお送りいたします。

 

『わくわくエンジン』とは?

『わくわくエンジン』は「キーパーソン21」というNPO法人が行っているワークショップです。「キーパーソン21」では、子どものやる気をエンジンにたとえ、『わくわくエンジン』を発動させるべく、学校などでワークショップを開き、キャリア教育を推進しています。


『わくわくエンジン』には『お仕事マップ』『わくわくビンゴ』等のプログラムがあり、その名前が表すように、ゲーム感覚で楽しみながら、子どもの『わくわくエンジン』を発動させるというもの。

実際行っているのはコーチングと同じ手法かなと感じます。
自分の強みは何か、わくわくすることは何なのだろう?と自分を見つめながら→将来働くならこんなところがある、こういうことをしたいからこの資格を取りたいなど、子どもの「やりたい」を未来へつなげます。わくわくの延長線上に、やりたい仕事を見つけると、子どものわくわくエンジンが発動するんですね。

この時のモットーが


『引き出す、認める、伴走する。いっさい教えないし押しつけない』

 

だそうで、
子どもが自分で考えて、自分の中に眠っているやりたいことを見つけ出し、自分で道を切り開いてゆきます。大人はそれを引き出す手伝いをすると。

これを聞いたとき、本当にこれを子どもに受けさせたかったなあと思ったんです。(うちの子はもう立派な大人なのでね)


このワークを受けて『わくわくエンジン』が発動したら、きっとやる気スイッチがポチっと入って、まなざしが変わっていた気がします。
なんのために学校へ行くのかわからなかった子供も、将来の目的や夢がはっきりしたら、勉強する意義がそのときにはじめて理解できるんじゃないかな。

 

『キーパーソン21』とは?

さて、その『わくわくエンジン』を主催している『キーパーソン21』、こちらについては、この記事がわかりやすいので、リンクを貼っておきます。

ワークについての説明もあります↓↓↓

「ふつうの主婦」が見つけた「わくわくエンジン」のかけ方(湯浅誠) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

もともとは普通の専業主婦である朝山あつこさんが発起人。ある日、高校受験をひかえた息子さんが「高校へ行かない」と言い出したことがきっかけでした。息子さん自身に今後を選択させ、結果は高校へ進学となりますが、その日の言葉に衝撃を受けた朝山さん、それからなぜ学校がそんな行きたくない場所になってしまったのかを考えます。考えてもがいて動き出したら、次第に彼女の『こんなことをやりたい』の意見に賛同した人が集まり、NPOという大きな現在のような活動になったんですね。

 

そして2005年、日経WOMAN主催の『ウーマン・オブ・ザ・イヤー2005』クリエイティブ賞受賞、そのあと経済産業省の第7回キャリア教育アワード『中小企業の部』の最優秀賞受賞。

2018年には、経済産業省、文部科学省、厚生労働省の三省共同開催の「キャリア教育推進シンポジウム』で基調講演を行うなど、輝かしい経歴を積んでいます。

 

ここまで来るには、当然のごとく、一直線でこちらへたどり着いたわけではなく、紆余曲折あったわけで。

 

でもその迷いながらの一歩一歩がとても胸に刺さります。

 

ひとりの行動が世界を変える

そんな朝山さんが一冊の本を出しました。

 

 

ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方

ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方

 

朝山さんは、おそらく普通の主婦なんだけど、でも、考えたことをちゃんと行動に移したことが普通じゃなかったんですよね。彼女のなにか変えようという思いから『起業家の集まり』へ向かった一歩が、今へとつながってます。

 

今、わたしに届く『キーパーソン21』からのメルマガには、『わくわくエンジン』のワークショップ開催のための人を募集する内容が届きます。開催地や募集内容や活動報告を見ていると、多くの人が全国へ『わくわくエンジン』を広げようとしている様子が伺え、それを知るだけでもこちらがわくわくしてきます。

 

はじめは、朝山さんの悩みながらの小さな一歩が、今はこんなに大きなムーブメントになっている……今回こちらの本を読み、メルマガを受け取ることで、わたしも一歩を踏み出さねばと勇気をもらいました。わたしの育勉セミナー開催のきっかけのひとつかもしれません。

 

そして、すこーしだけですが、わたしもこのNPOに登録させてもらっています。子どもたちが『わくわくエンジン』を見つけて、将来に希望が持てるように。

 

興味のある方は是非HPをご覧になってください。

 

NPO法人キーパーソン21 HPはこちら↓↓↓

認定NPO法人キーパーソン21―小学校・中学校・高校世代のキャリア教育―

 

キーパーソン21代表理事の朝山あつこさんの書いた著書はこちら

 

『ふつうの主婦が見つけた やる気のエンジンのかけ方』

 

ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方

ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方

 

 

 てらっちでした♪

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】