⇒いにしえとこしえ⇒

新しいもの大好き!ワーキングママ目線で使える情報発信と、人生を前向きに変えてくれた学びのシェア中心でお届けします♪ 『日本書紀』『古事記』からハニワまで網羅する日本古代史オタクを10年やってます。

【スポンサーリンク】

『鹿を狩る』地上波では流せない鹿猟の映像に、食のありがたさを知る

こんにちは! てらっちです♪

 

最近は鹿やイノシシなど、野生の肉を料理したジビエ料理が流行ってますね。

うちのおじさんも猟師の免許があるようで、昔は散弾銃が家にあったそうです。昔ながらのジビエですねえ。

 

古来、人は野生のものしか食料を取る手段がなかったわけで、狩猟採取生活が生きる術でした。

 

その猟の模様をある番組で始めて目の当たりにし、ある意味ショックを受けました。

そんな番組があるんですよ。

今日はそんなジビエなお話しです。

 

 鹿を狩る、のを見る

山に入り、歩く、歩く、歩く。

いたぞ!

突然の掛け声とともに猟師は走り出す。

ダン!

あっという間の出来事だった。

カメラには、遠くに倒れて落ちる鹿が映っている。

「東野さん早く!」

東野幸治はこれまでないくらいの全速力で走り、倒れた鹿の元へ行った。

そして、血抜きを体験する。

頚動脈にナイフを当て、切る。

血が流れ出るが、その作業は、鹿が生きていれば、早く楽になるためであり、血で肉の味が落ちないための処置でもある……

 

 

 

……カリギュラという番組をご存知でしょうか?

Amazon プライムビデオ、オンリーの番組で、地上波ではNGだった企画を拾い上げてやっている、ちょっと変わった番組です。

 

 

でもMCは、今田耕司と東野幸治で、いっぱしの番組。

 

その番組のスタートからの目玉企画が、『東野、鹿を狩る』で、その映像は、なかなかショッキングなものでした。

 

『鹿を狩る』はシーズン1の中で、とびとびで3回に渡っての放送。(つづきの企画もあるらしい)

中身はベテランの服部さんという猟師について行き(情熱大陸にも出たかなり有名な人らしく、狩猟によって生活、生きることを実践している人)、鹿を狩り、皮を剥いで肉にし、食すまでの工程の放送。結構リアルに頚動脈を切ったり、皮を剥ぐところも流れます。

なので、万人にオススメはしません。

人によってはグロいかもです。 

お子さんがいる家庭も、親御さんの判断でおねがいします。

 

ただ、わたし的には、目を背けるような映像とは思いませんでした。

いや、しっかりと見なければならない映像だとおもったのです。

 

古来から人が生きるために鳥獣を殺し、食べてきました。

 

今でも、この工程をどこかの誰かがやってくれているから、豚も牛も鳥も食べられるわけで、目を背けてはいけないことだと思うのです。

 

鹿の心臓を木の枝に置き、神に備えるなど、通りがかりに見たら、なにこれ、気持ち悪いとしか思わないかもしれません。

でも生きるために、命をいただいて、そして食しているのだなあと。命をありがたく感じるから、神に感謝をするわけで。

肉をいただくときは、本当に感謝して食べなければいけないなあ、なんてことを『カリギュラ』を見て実感したのでした。

 

ジビエ、猟に興味のある人は、入門編としてオススメします。

 

まあ、ほかの企画はアホなものも多いので(笑)吉本好きな人は、他のもご覧ください。

 

今日はそんなところで。

 

てらっちでした♪

 

【スポンサーリンク】