読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

⇒いにしえとこしえ⇒

新しいもの大好き!ワーキングママ目線で使える情報発信と、人生を前向きに変えてくれた学びのシェア中心でお届けします♪ 『日本書紀』『古事記』からハニワまで網羅する日本古代史オタクを10年やってます。

【スポンサーリンク】

ふるさと納税から、犬殺処分ゼロ達成へ!~あたらなクラウドファウンディングのかたち

こんにちわ、てらっちです。

f:id:teratchi:20160403220958j:plain

みなさんは、ふるさと納税、やっていますか?

おいしそうな蟹、牡蠣、牛肉、季節の果物、今ではパソコンや旅行、ウェディングプランなど、さまざまなお礼の品が考えられ、選ぶこちらも楽しませていただいています。

 

どの町もお礼の品を表に出して宣伝している中、異彩を放っていたのが、

広島県の犬の殺処分ゼロ1000日計画』

という犬を助けるために寄付をもとめるものでした。

 

ふるさと納税の新たな使い道

このふるさと納税を行っていたのは、広島県神石高原町。

ふるさと納税によって寄せられた寄付を、殺処分される犬たちの保護にあてようというもので、他のおいしそうなお礼の品が並ぶ中、「犬殺処分ゼロへ」の言葉は本当に異彩を放っており、インパクトがありました。

 

そしてつい先日、こんな記事がSNSに流れてきました。

buzzmag.jp

 

2016年4月から広島県内の殺処分対象の犬を全頭引き取る

というものです。なんと全頭とは!この決断は今までなかったのではないでしょうか?

 

これまでの経緯

それまで、広島は犬の殺処分が全国ワースト1だったとのことです。

それを受けたNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」は「広島県の犬の殺処分ゼロ1000日計画」を掲げました。

その結果、こうなったそうです。

2011年度の殺処分数は2400頭以上だったのが、2015年度では800頭を切る件数まで減少!

さらに、1万人以上の方の賛同を得てふるさと納税だけで3億5千万円以上、インターネット等での寄付を合わせると4億円以上もの金額が集まり、犬舎を建設できる費用をまかなえたと判断され、今回「全頭引き取る」との発表に至ったそうです。

 

現在の動き

「広島県の犬の殺処分ゼロ1000日計画」の1000日目が今年の6月15日に期限を迎えるとか。

現在の取りくみ、保護されたわんこの様子、現在建築中の保護犬舎の様子など、こちらで見ることができます。

 

殺処分ゼロへ勝負の年!さらなるご支援を | ふるさと納税のクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」

 

ぜひこの運動を応援したい、という方、ふるさと納税の使い道にまだ悩んでいる方、こんな活動もあるということをちょっと覚えておいてください。

まだ寄付募集は続けられています。

このような動きが、他の分野でも、あらたなクラウドファンディングの形として広がればいいな、そう思います。

 

てらっちでした♪

 

ふるさと納税ならこのサイトが便利です。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる

ふるさと納税の記事はこちら♪

 

 

www.teracchi.com

 

 

www.teracchi.com

 

 

www.teracchi.com

 

【スポンサーリンク】