⇒いにしえとこしえ⇒

新しいもの大好き!ワーキングママ目線で使える情報発信と、人生を前向きに変えてくれた学びのシェア中心でお届けします♪ 『日本書紀』『古事記』からハニワまで網羅する日本古代史オタクを10年やってます。

【スポンサーリンク】

犯人はだれ?

小さな事件。

田んぼの中の小さな会社、株式会社「F」でのできごとである。

そこに女の悲鳴にも似た叫び声が響き渡る。
「だーれ?私の出勤カード押したの!」
叫んだのはパートのA子さん。
声が大きいやつだから、まあ、社内によく響く。

内容はたいしたことはない。

うちの会社は出勤時、旧式アナログの出勤カードを押すようになっているのだが、パートである彼女のカードを、誰かが昼休みに押してしまっていた、というのだ。
確かに一日ちゃんといたのに

「12:41」

で押されている。
つまり、1日いたのに午前だけで帰ったことになり、パートだから3時間だけの業務でのこり2時間損しているのだ。

仕方なく、A子は出勤カード管理者である社長のところへとゆき、一通り文句を言って、訂正してくれるように頼んでいた。

「誰だ、一体そんなトロイことをしたやつは!」

文句を言われた社長も怒って犯人捜しを始めた。
社長が出張ると厄介だ。
ただでさえぐちゃぐちゃな揉め事をさらにミキサーでかき回して、挙句地面にぶたまけるくらい、どうしようもない状態にしてしまう。

社長は社員を回り、あれこれリサーチしていたが、社長の疑惑は昼に半休で帰った人がいて、そいつではないか、という。
だが、その人は

「12:07」

で帰っており、用があって帰ったのだから、「12:45」にわざわざ戻るはずはなく、逆に犯人である可能性は低い。

昼休みに外出し、かえって来た人がタイムカードを押す、ということはある。

実際当日の昼休みに、健康維持のためにウォーキングに出た仲間がいた。毎日7~8人の集団で歩き、帰ってくるのだから、まあまあな人数である。ちょうどウォーキングに行って帰ってくるとそのあたりの時間になる。

「きっとウォーキングに行った人の誰かだよ、もう!」

A子は怒りかえってそう言っているようだ。

ちょっと外に出ただけでも、習慣で間違って出勤カードを押す、ということはたしかにたまに、ある。

さらに人のカードを押してしまう、という間違いもたまにある。

それが同時に行われるというのはどういうことだろう?

この憶測はまだ、悪意のない場合だ。

しかし悪意があった場合、
「違う時間に、人のカードを押す」
可能性は大きくなる。

ちょうど一週間前、ある事件があったのだ。
派遣の新人をめぐって、A子と正社員のB美が口論になっていた。
パートの彼女は、派遣のC子を一生懸命フォローしていたのだが、それが余計なことだ、何もするなと正社員B美に文句を言われたのだ。
B美はA子を嫌っているのは有名で、嫌がらせだとしたらそいつしかいないだろう。

そこへ
「ワタシ、押してる人見たよ」

現場を見ていた者がいたのである!

犯人は、意外なところにいた。

さて、考えてみて。
犯人は誰なんだろう?
【スポンサーリンク】